2017年10月 3日 (火)

テーマ「JAPAN」世界に広がる盆栽!

手間と時間をかけながら、自然の風景を小さな鉢のなかで表現していく盆栽は、「JAPAN」が誇る伝統芸術のひとつ。


1

以前は、盆栽というとご年配の方の趣味といったイメージが強かったかもしれませんが、現在ではミニサイズを中心に、気軽に暮らしのなかに取り入れられるグリーンインテリアとして注目されています。


2

実は、ヨーロッパを中心とした海外においても、早くからその美しさが評価され、”BONSAI”として広く親しまれています。今年、盆栽の故郷とされる埼玉県さいたま市(旧大宮市)で開催された「世界盆栽大会」にも、多くの外国人観光客の方々がつめかけ、大変な賑わいでした。(大宮はかつて約30の盆栽園を有し、現在は市立の盆栽美術館がある、世界に知られる盆栽の聖地!!)”BONSAI”は今や、アニメや漫画と並ぶ、クールジャパンなアイテムの一つとなっているのです。


3

先の成長を予想しながら剪定したり、植え替えたり、と、「じっくり育てていく」という表現がぴったりな盆栽は、長く楽しめるのも嬉しいポイント。めざせ樹齢千年!?

古くて新しい、そしてグローバルな盆栽。みなさまもぜひ、暮らしに彩を添えるものとして、あるいは長~く付き合う家族の一員として、盆栽-BONSAIを迎え入れてみてください。


4

[総合園芸 東洋園]

盆栽各種…3,240円~

●新宿店屋上

MD通信