2018年12月22日 (土)

\駅弁大会実食リポート/【海鮮好きのための新作海鮮弁当対決!「越前甘えび×かに合戦」】

472136_02

2019年1/9(水)から2週間開催!!


駅弁は海鮮派!の方におくる『海鮮好きのための新作海鮮弁当対決』から、本日ご紹介するのは福井県[番匠本店]の「越前甘えび×かに合戦」

1_2

福井県を代表する老舗調製元[番匠本店]の新作、黒いおなじみのカニ型弁当箱を開けると、赤と黄色のまばゆい絨毯の上に、合戦というよりもとっても仲良さそうに並ぶ甘エビと立派なカニ爪。

2_2

赤色の正体は紅ズワイガニのほぐし身。結構な頻度でほぐし身とは違ったプリプリのカニの身の塊が発見されるのも嬉しい!美しく散りばめられた黄色は錦糸卵。まずは中央の主役をいただく前にご飯とほぐし身をいただきます。
軽く酢でしめられたカニはうま味をしっかりと内包しながら酢飯と絶妙なバランスで口内で混ざり合います。ご飯に入った煎りゴマが楽しいアクセント。

3_2

さて、そうする間も目が離せないのが真ん中に鎮座するカニ&甘エビ。無類のエビ好きの私としては、まずエビに手が伸びるのですが、このエビ皮がむけないなぁと思ったら、甘エビの素揚げ。

4_2


5


殻ごと頭から食べてくださいとのこと。では、頭からパクリ!香ばしい香りが何とも言えない!!エビは火を通されることで甘みが引き立ち、とろける美味しさにほっぺた落ちそうです。

6

カニの部位の中でもうま味が多いといわれるカニ爪ですが、その大きさに思わずニンマリ(*´ω`)がぶりと食べてみると弾力ある食感とどっしりとしたうま味は食べ応え抜群!中の中までホジホジホジホジ・・・限界まで箸で掘り起こしていただきました。あっという間にお弁当箱空っぽです!ごちそうさまでした。

実際、駅弁を旅で食べるときは2折が基本の私としては、このサイズは実はちょっと少ないのですが、そんなところは駅弁としては長所なのでは?と思います。旅では色んな種類のものを食べたいですから。駅弁大会も目移りするほど美味しいものがたくさん。食いしん坊さんや男性は、あともう1品美味しいものを食べられる量です。折箱にギュッと詰まったエビとカニ、ぜひご堪能ください。

[福井県 北陸本線/福井駅]
越前甘えび×かに合戦…1,380円
●柱番号:B-6
<実演、初登場、各日1,000食販売予定>

*************
第54回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会
2019年1月9日(水)→22日(火)
午前10時~午後8時
新宿店7階 大催場
<1/15(火)は午後5時閉場、22(火)は午後6時閉場>

★駅弁大会情報は「駅弁大会特設サイト」でチェック!

【駅弁大会2019】, 【駅弁大会2019】実食リポート, 【駅弁大会2019】目玉企画

« 前の記事
\駅弁大会実食リポート/【海鮮好きのための新作海鮮弁当対決!「牡蠣あなご寿司」】


次の記事 »
第54回駅弁大会 特設サイトオープン!