2018年12月12日 (水)

\駅弁大会実食リポート/【四味食べ比べ対決!「食べくらべ 四大かにめし」】

472136_02

2019年1/9(水)から2週間開催!!


本日の実食リポートもメイン対決「四味食べ比べ対決」から。
「食べくらべ 四大かにめし」、“かにめし”と聞いて即座に反応してしまった、海鮮には目がない担当M。

1

4種類のカニが特徴的に描かれたかわいらしいパッケージを開けてビックリ!

2
 

ぎっしりと一面に敷き詰められ、どこを見ても「かに・カニ」(@_@)!
眺めているだけで幸せな気持ちになってしまうこの贅沢な1折をさっそくいただきます。

まずは「毛ガニ」から。
ご飯の上に散りばめられたほぐし身と、上にちょこんとのっかった身を一緒にパクリとした瞬間、口内に広がるカニの甘さ!

3


厚みのある身は食べ応えがあるのはもちろん、毛ガニの濃厚な甘みがギュッと詰め込まれていてこれだけでも大満足なのですが、カニの下から出てきたのは茶飯。その相性は言うまでもなく抜群で、箸が進む進む・・・(*´ω`)
もっと食べたい欲求を抑え、次の味をいただきます。

2味目はトゲのある見た目が特徴的な「花咲ガニ」
 

4


弾力ある食感で噛めば噛むほど旨味が口いっぱいに。酢飯と合わせるとより花咲ガニの旨味が引き出され、美味しく味わえます。

そして3味目は「ズワイガニ」
ご飯の上にドドンとのっている爪先の身はぷりっぷり♪

5


 
カニ独特の甘みもどこか上品なズワイガニ。濃厚すぎず癖のないさっぱりとした味わいに、思わず頬も緩んでしまいます(#^^#)毛ガニと同様、茶飯と合わせるとズワイガニとの甘みの融合を楽しめ、より食が進むのです。

最後の4味目は「タラバガニ」

6


淡白な味ですがこちらは食感が特徴的。歯ごたえがあり噛むほどに溢れ出てくる旨味を楽しめます。ご飯はさっぱりとした酢飯。合わせていただくと、タラバガニ本来の味がより引き立ちます。

カニの種類は違えど、味の違いはいカニ??とワクワクしながらいただきましたが、それぞれ全く異なる味わいにカニの奥深さを思い知らされた一折でした。茶飯と酢飯、2種類のご飯をカニによって変えているのも、それぞれのカニをより美味しく味わえるよう配慮された調製元[稚内駅立売]の技の妙。
いったん味をリセットしたい場合は、付け合わせのお新香で。
一度で4種ものカニを楽しめる「食べくらべ 四大かにめし」。カニ好きの方はもちろん、そうでない方にも食べていただきたい贅沢な1折です。

[北海道 宗谷本線/稚内駅]
食べくらべ 四大かにめし…1,400円
●柱番号:B-3
<実演、各日1,000食販売予定

*************
第54回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会
2019年1月9日(水)→22日(火)
午前10時~午後8時
新宿店7階 大催場
<1/15(火)は午後5時閉場、22(火)は午後6時閉場>

★駅弁大会情報は「駅弁大会特設サイト」でチェック!

【駅弁大会2019】【駅弁大会2019】実食リポート【駅弁大会2019】目玉企画

« 前の記事
\駅弁大会実食リポート/【四味食べ比べ対決!「味くらべ牛肉どまん中」】


次の記事 »
\駅弁大会実食リポート/【四味食べ比べ対決!「四味穴子重」】