2018年3月10日 (土)

【3/8(木)菓子売場/京王のれん街、改装OPEN!】~3/1(木)オープン![銀座 鹿乃子]のご紹介♪~

京王のれん街に新しく仲間入りしたお店の中で、唯一の和菓子のお店が[銀座 鹿乃子]。昭和21年創業、「かのこ」「あんみつ」の専門店です。

 

_ty


 

本日は「姫かのこ」、「鹿乃子あんみつ」、そして季節限定商品の「道明寺姫さくら餅」をいただきます♪

 

Fullsizerender_3


 

まずは並べてみて・・・かわいい・・・(´,,•ω•,,`)
歳を重ねるごとに・・・なのでしょうか、こういった和風の可愛らしいものがたまらなく愛おしく思えます。
(ロゴになっている鹿の親子のイラストもたまらない・・・。キュン♡)

 

さてさて、さっそく実食。
まずは「鹿乃子あんみつ」から♪
付属の黒蜜を握りしめ、かけますっ!

 

Img_4977


 

Img_4989



▲鹿乃子あんみつ ぎゅうひ入り(1個)…519円

 

黒蜜をまとって一層艶めくあんみつ。
大納言小豆のつぶ餡はしっかりとした甘みがありながらもとても上品。下の寒天と一緒に食べると絶妙な塩梅なのですね。
丁寧に作られた栗・虎豆・白花豆・紫花豆の甘露煮は自然と笑顔ほころぶ優しい味わい。

途中で求肥もいただきながら「あんみつを食べているときに笑顔じゃない人なんているのかしら?」と思いながら完食。もちろん最後に、頂点にちょこんと座ったチェリーをいただきました。

 

Img_4996



▲道明寺姫さくら餅(2個入り)…476円

 

そして、この季節には必ず食べたい「さくら餅」。
鼻を近づけクンクンしてみると、桜の香り。
小ぶりなサイズのさくら餅は皮も薄めで、スルスルッとお腹に入ってしまいます。桜葉も一緒に食べられ、春の雰囲気まで味わえます。

Img_4973



▲姫かのこ(6個入り)…1,059円



最後にお店の名前にもなっている看板商品「姫かのこ」。
銘菓「かのこ」のプチサイズバージョンの姫かのこは、「栗」「小倉」「しぼり」「うぐいす」「京」「うずら」の6つの味を楽しめます。
さすがに食いしん坊の担当Iも一回では食べられないので、毎日お茶の時間に1個ずついただきました。
求肥を中心にした餡玉の周りに栗や豆を粒のままつけたお菓子が「鹿の子」なのですね。
素材自体が持つ柔らかな甘さをお茶うけに、温かいお茶をいただく豊かな時間は、一日の疲れを優しく癒してくれます(#^.^#)
和菓子の良さをしみじみと感じられるということは、私も大人になったということかな?銀座で長い間、愛されてきたのも納得。

今日のおみやげに[銀座 鹿乃子]、いかがですか?

 

Img_2226




▼本日ご紹介した店舗[銀座 鹿乃子]▼

Photo


 

**********

新宿店中地階 菓子売場/京王のれん街
3/8㊍改装オープン

≫詳しくはこちら
https://www.keionet.com/info/shinjuku/event/noren.html

 

Bn01_1_2


2018年3月「菓子売場/京王のれん街」改装OPEN

« 前の記事
【3/8(木)菓子売場/京王のれん街、改装OPEN!】~3/1(木)オープン![デカダンス ドュ ショコラ]のご紹介♪~


次の記事 »
【3/8(木)菓子売場/京王のれん街、改装OPEN!】 ~3/8(木)オープン![グラモウディーズ]のご紹介♪~