2018年1月13日 (土)

\駅弁大会 実食リポート!/「SL大樹 日光埋蔵金弁当」

Blog_03_2

担当Kの「武士っぽい駅弁」実食リポート、3つ目の最後を飾るのは「SL大樹 日光埋蔵金弁当」です。
日光といえば東照宮、といえば徳川・・・徳川埋蔵金!お宝は発掘されるのでしょうか?!
やや無理やりな武士つながりは感じつつも、実食を始めましょう。

20171202_173211

まずは、この漆黒の器と金色に輝く掛け紙。いかにも埋蔵金が眠っていそうな佇まいに内心ドキドキ。蓋を開けると・・・

20171225_124203

黄色の錦糸卵のじゅうたんと、1本の銀色のスコップが目に飛び込んで来ました。なんだコレ!かわいい!!駅弁初心者K、年甲斐もなくはしゃいでしまい、スコップを使ってみたい!と、下の段を開ける前に錦糸卵のじゅうたんを掘り起こしてしまいました。すると!!

20171225_124353

出たー!埋蔵金だー!
(実はチラっと見えてましたが。)メインイベントのはずが、早くも埋蔵金を掘り起こしてしまいました。しかしながら、埋蔵金は都市伝説かと思っていたけど、こんなところに埋まっていたのねと、感無量です。(この埋蔵金は食べられます。念のため。)
埋蔵金の周りにはボリュームたっぷりのちらし寿司!お漬物も添えられています。

さて、落ちついて下の段も開けてみましょう。
そこにはそれぞれ存在感たっぷりの和のお惣菜が。

Sita

まずは、こんなに大きな湯波巻き。日光名物湯波!!
(“ゆば”は日光では「湯波」と表記するんだそう。以下「湯波」と記します。)

20171225_124754

わたくし担当K、実は無類の湯波好き。とは言え、日常の食卓にはなかなか上がるものではないので、この大きさは嬉しい。
湯波好きにはたまらない優しい味と食べごたえです。

20171225_124726

続いて、これまた大きな焼き魚。ずいぶん立派な鮭だなぁと驚きながらパッケージを見ると、この魚は鱒(マス)。鮭にあらず。
埋蔵金弁当の調製元は[日光鱒鮨本舗]、その名の通り鱒のプロ。この鱒の塩焼きの他に、鱒だんごまで入っていて、鱒へのこだわりを感じます。

20171225_124824

最後にこちらは牛肉のしぐれ煮。しっかりとした味つけと、柔らかな食感。栃木県内の指定生産農家でのみ飼育された日光高原牛という銘柄牛肉だそう。ごはんが進む味です。

スコップのかわいさと、埋蔵金を掘る楽しさで、ついつい忘れてしまいそうですが、この駅弁の素晴らしさは、栃木の名産がふんだんに詰まっているところ。
湯波、鱒、日光高原牛に加え、ちらし寿司は栃木県産コシヒカリを使用していて、添えられた漬物も日光名物のけっこう漬。
折箱の中には埋蔵金だけでなく栃木・日光の美味がギュギュっと詰められていました。

20171225_131143

食後に残ったのは「C11 207 SL大樹」と刻印の押されたスコップ。
駅弁実食初リポートの記念として大切にデスクに飾っておきたいと思います。
担当Kの「武士っぽい駅弁」リポート3部作、これにて終わりとさせていただきますm(_ _)m
みなさん、第53回駅弁大会、存分にお楽しみください!!

「武士っぽい駅弁」実食リポート、他2つはこちらからどうぞ♪
印籠弁当
ながさき鯨カツ弁当

[栃木県 東武日光線/東武日光駅]
SL大樹 日光埋蔵金弁当…1,350円
<輸送、初登場、柱番号:A-0>

*********

第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会
2018年1/10(水)→23(火)
<17(水)は午後5時閉場、最終日23(火)は午後6時閉場>
●新宿店7階 大催場
≫駅弁大会特設サイトはこちらから

【駅弁大会2018】, 【駅弁大会2018】実食リポート

« 前の記事
駅弁大会デジタルサイネージ動画♪


次の記事 »
\モバイル会員特典「駅弁大会オリジナルエコバッグ」配布終了しました/