2018年1月11日 (木)

\駅弁大会 実食リポート!/「牛肉どまん中」

Blog_03

肉系駅弁、売上上位の常連といえば「牛肉どまん中」!
いまやこちらの実食リポートでも定番となってきていますが、おさらいの意味も込めて(私がやっぱり食べたいという心に忠実に)、ご紹介させていただきます♪

こちらは、1992年の山形新幹線の開業に合わせて開発された駅弁。
駅弁130余年の歴史の中では比較的新しいと思っていたお弁当ですが、登場からもう四半世紀が過ぎたのですねぇ。

さてさて、早速中身を開けると、
牛肉がドーン!

Img_1497

これこれ。この色がしっかりと味が染みている証。
まずは牛肉煮からいただきます。

Img_1507

この柔らかな食感!!
濃縮された牛肉の旨み、絶妙な甘辛の味付け!!ごはんがすすみます。
実はこのごはんに、こだわりがあるんです。
このお米は駅弁名の由来にもなった「どまんなか」という品種。
「どまんなか」は冷めても美味しいのが特長。
まさに駅弁にはうってつけのご飯が炊きあがるのです。
かみしめたときのもっちり感、冷めてもご飯がしっかり水分を保持しているのでドンドン箸が進みます。

次に牛肉そぼろを。

Img_1510
 
こちらは牛肉煮よりもやさしい味つけ。
味比べをしながら食べ進めるのが楽しいです♪

つけ合わせは牛肉に負けぬよう、少々濃いめの味付け。しかしながら、素材の旨みはしっかりと活かされており、箸休めにいただくには勿体ないくらいの名わき役です。
隅々にまで手抜かりがない丁寧な仕上がりの駅弁は、調製元[新杵屋]の真摯な姿勢・お客様への愛情を感じさせてくれ、心まで温まりますね(′`)
人気の秘訣はこんなところにもあるのだろうと感じ入ります。

あっという間に完食!
駅弁の美味しさを分かりやすく教えてくれる、駅弁初心者の方にもおすすめのお弁当です!
最後に「牛肉どまん中」ファンの方へも朗報を♪
「牛肉どまんなか」の塩味・味噌味が初登場!1週目限定1/17(水)まで実演販売いたします。前回「三味牛肉どまん中」を食べて、塩味・味噌味がもっと食べたい!という方、ぜひ1折分ご堪能くださいね。(2週目は「三味牛肉どまん中」を販売いたします。)

[山形県 奥羽本線/米沢駅]
・牛肉どまん中…1,250円
・牛肉どまん中 塩味…1,250円 ※1/17(水)まで
・牛肉どまん中 味噌味…1,250円 ※1/17(水)まで
・三味牛肉どまん中…1,350円 ※1/18(木)から
<実演、柱番号:B-3>
※塩味、味噌味は初登場

*********

第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会
2018年1/10(水)→23(火)
<17(水)は午後5時閉場、最終日23(火)は午後6時閉場>
≫駅弁大会特設サイトはこちらから

【駅弁大会2018】, 【駅弁大会2018】実食リポート

« 前の記事
\駅弁大会 実食リポート!/「佐賀牛霜降りと赤身のステーキ弁当」


次の記事 »
\駅弁大会 実食リポート!/「たらば蟹ちらし」