2018年1月10日 (水)

\駅弁大会 実食リポート!/「佐賀牛霜降りと赤身のステーキ弁当」

Blog_03

駅弁大会ファンの皆さん、こんにちは!いよいよ始まりましたっ、第53回大会!!
会期中も実食リポートをお届けしてまいります♪
一番初めのリポートは何にするか・・・悩みましたが、やはり私のお気に入り、佐賀県の調製元[カイロ堂]による佐賀牛の駅弁のご紹介を!今大会は新作「佐賀牛霜降りと赤身のステーキ弁当」を引っ提げての登場となります。
「いろいろありすぎて何を食べたらいいのかな・・・」とお悩みの方へも、[カイロ堂]の佐賀牛駅弁は選んで間違いなしです( ・`ω・´)キリッ

Img_0417

この駅弁を手掛ける調製元[カイロ堂]は、JR九州が主催する「九州駅弁グランプリ」で、過去に3連覇した実績を持っています。京王百貨店の駅弁大会では、2014年の第49回大会2週目に初登場。以降、第50回大会から第52回大会までは肉駅弁の対決企画にラインアップされ、常に販売個数のTOP5に入る肉系駅弁の急先鋒なのです☆私は第50回大会の時に初めて食べて以来、すっかり佐賀牛を使ったこちらの駅弁のとりこになってしまいました。

「佐賀牛」「霜降り」「赤身」「ステーキ」と、肉好きにはヨダレもののパワーワードが並んでいる時点で、おいしさの妄想が膨らみますよね。私、妄想には耐えられませんので(笑)、早速いただいてみたいと思います。

Img_0423

まずはご覧ください!このピンクと茶色のコントラスト!!塩とコショウのみで焼き上げられた肉ですよ~♪素材本来の味を楽しむには、シンプルな味付けが1番ですよね。肉の種類は奥側に並ぶ赤身と、手前側の霜降り。うわー、どっちから食べるか悩む・・・。
ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…
よし、赤身からいただこう、はむっ。出たっ、佐賀牛の柔らかさ!仕事でバタバタしていて、出来立てからは少し時間が経った状態でしたが、それでも十二分に柔らかい!!口の中には塩コショウの風味がまず来て、その後肉の甘みも広がります。聞くところによると、佐賀牛は「○○牛」といった銘柄の中でもトップクラスの肉質基準を満たしたものだそうです。

赤身でこの柔らかさ、霜降りはいかに!?
はやる気持ちを抑え、別添えになっているソースをかけて・・・はむっ。
Σ(・ω・ノ)ノ!エッ!

Img_0431

ちょっと噛んだら無くなったぁぁぁぁぁぁ!
以前テレビのグルメレポートで「肉が飲める!」と言っていた方を見ましたが、是非その名言をお借りしたい。本当に飲めるんじゃないかと思うほど、抜群の柔らかさです(皆さんはよく噛んで召し上がってくださいね)。
ちなみに、ソースは調製元の地元・佐賀県のメーカーが作るしょうゆ2種類と、レモン、オニオンソースをブレンドした特製ソース。脇に添えられたお漬物もサッパリとしていい味を出しています。
そして、肉の下に隠れているご飯は、新潟県産コシヒカリを使用。佐賀牛と白いご飯とのコンビネーションは、いつ食べても最高の組み合わせです♪(*´Д`*)
今年も佐賀牛の駅弁、おいしくいただきました!

ここ数年で、駅弁大会では肉系駅弁の人気が急上昇しています。肉の種類もさまざまですが、佐賀牛を使った駅弁はここだけ!冒頭にも書きましたが、「何を食べたらいいのかな」と迷っているそこのアナタ!佐賀牛の駅弁は会場内、柱番号[B-5]で実演販売しておりますので、お見逃しなく♪

[佐賀県 佐世保線/武雄温泉駅]
佐賀牛霜降りと赤身のステーキ弁当…1,998円
<実演、初登場、柱番号:B-5>

*********

第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会
2018年1/10(水)→23(火)
<17(水)は午後5時閉場、最終日23(火)は午後6時閉場>
≫駅弁大会特設サイトはこちらから

【駅弁大会2018】, 【駅弁大会2018】実食リポート

« 前の記事
いよいよ始まりました!「第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」


次の記事 »
\駅弁大会 実食リポート!/「牛肉どまん中」