2018年1月19日 (金)

\駅弁大会 実食リポート!/「牡蠣まつり丼」

Blog_03_2

うほっ!牡蠣がどっさり!
そんな笑みがこぼれるお弁当、山陽本線 姫路駅の「牡蠣まつり丼」を本日は遅めの昼食でいただきます。

Img_1241

パッケージには溢れんばかりの牡蠣が写っているけれど、本当かなぁ・・・とパッケージを取ると、さきほどの心配などどこ吹く風と言わんばかり。

Img_1258

ほどよい色に艶めいた牡蠣が折箱いっぱいに敷き詰められ、付け合わせの大根甘酢漬けのピンクと小松菜漬の緑が華を添えて申し分なし。
そして見た目もさることながら、蓋を開けた途端に鼻孔をくすぐる醤油&磯の匂いが、午後の空腹な胃袋には堪えられません。

Img_1260

いただきます!
我慢できずに一粒、早速口に放り込むと、
ふんわりと蒸し焼きした牡蠣は食感が柔らかくジューシーで、噛んでいると口の中に旨みが溶け出してきます。

Img_1273_1

そしてあのほわっと香る磯の香りと、焼いた香ばしさが重なり自然と頬が緩みます。
チラリと見えるご飯は茶飯かと思いきや牡蠣だし飯!うるち米を使い、風味豊かに柔らかく炊きあげられたご飯は言うまでもなく牡蠣との相性抜群。
ご飯の中に混ぜ込まれた椎茸煮と海苔もほどよいアクセントとなり、箸が止まりません。箸が止まりません!!

丼だからと口いっぱい贅沢に詰め込んだり、勿体ないと一粒ずつ牡蠣を味わったり、牡蠣の風味に酔いしれた「一人牡蠣まつり」はアッと言う間に終了。
本当に幸せなひと時を、皆様もぜひご堪能ください。

[兵庫県 山陽本線/姫路駅]
牡蠣まつり丼…1,380円
<輸送、初登場、A-0>

*********

第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会
2018年1/23(火)まで
午前10時~午後8時
<最終日23(火)は午後6時閉場>
●新宿店7階 大催場
≫駅弁大会特設サイトはこちらから

【駅弁大会2018】, 【駅弁大会2018】実食リポート

\駅弁大会 実食リポート!/「笹巻きえんがわずし」

Blog_03

これまでサバやマスの押し寿司はいただいたことがあるのですが、今日は東北で古くから駅弁を販売する[伯養軒]の「笹巻きえんがわずし」。お寿司屋さんでもえんがわを必ず頼む私にとって、初めてのえんがわの押し寿司は是非食べてみたい一品でした。

Img_1246

蓋をあけると、まずはどこか懐かしくまた優しい笹の葉の香りが広がります。
そしてその笹の葉の下には、ピアノの鍵盤のごとく、きっちりと綺麗に敷き詰められた6切れの押し寿司。
(ちゃんとカットされていますよ!)
なんだか素敵なハーモニーを奏でてくれる、そんな予感がしてきます。

Img_1282

それでは早速いただいてみましょう。
せっかくなので、醤油等を付けずにそのままの味わいをと一口でパクリ。
厳選されたカレイのえんがわはとても肉厚で、脂がのってジューシーなことジューシーなこと。口の中でホロホロとほぐれます。

Img_1287

えんがわの美味しさはさることながら、酢飯にもひと手間が。
若干甘みのある銀しゃりは、なんとしその葉と刻んだ生姜がもみ込んであります。鼻にぬけるしその香がアクセントとなり、えんがわの風味を際立ててくれます。

Img_1290

次は付属のレモンを…いや、この香りはライム!サッとひと掛けするとえんがわの甘みを爽やかな香りが引き立ててくれ、先ほどとはまた異なる表情を楽しめます。

Img_1284

醤油を見るとこれも普通の醤油ではなく、昆布の風味が生きた「昆布しょうゆ」。
ペロリと一口なめると、口いっぱいに甘味と風味が広がりこれだけでも十分な旨さ。
えんがわ寿司に付けると甘味と塩味、酸味が溶け合い三位一体ならぬ三味一体の見事なコントラストで、箸休めの小梅もいただきつつ、あっという間の完食です。

あちらこちらに見え隠れするこだわりが流石!と老舗の業を感じながら、しっかりと押された寿司はボリューム感満点、そして満足度満点のおすすめ駅弁です。

[宮城県 東北本線/仙台駅]
笹巻きえんがわずし…1,100円
<輸送、柱番号:A-0>

*********

第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会
2018年1/23(火)まで
午前10時~午後8時
<最終日23(火)は午後6時閉場>
●新宿店7階 大催場
≫駅弁大会特設サイトはこちらから

【駅弁大会2018】, 【駅弁大会2018】実食リポート

2018年1月18日 (木)

\対決企画をおさらい♪/第53回駅弁大会実演動画~対決駅弁編~

Blog_04


第53回大会、対決企画は・・・

「人気駅弁大会3店舗合同企画 新作牛肉駅弁対決」
「海の幸 焼き対決」
「人気の海鮮 ウニ対決」

の3本立て!!

いずれも、もちろん実演販売中です!!
ついつい見入ってしまう実演風景、少しだけ動画にてお届けいたします♪


また、匂いがたまらないのです(*´д`)o
ぜひ、会場にて五感で感じてみてください!

*********

第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会
2018年1/23(火)まで
午前10時~午後8時
<最終日23(火)は午後6時閉場>
●新宿店7階 大催場
≫駅弁大会特設サイトはこちらから

【駅弁大会2018】

\駅弁大会 実食リポート!/「金澤味づくし」

Blog_03

調製元[高野商店]は石川県加賀市の老舗。老舗でありながら、現在も新しい名駅弁を世に送り出し続けています。
そんな[高野商店]の新作「金澤味づくし」が第53回大会で先行販売!
期待に胸をふくらましつつ、実食リポート、スタートです♪

Img_1431

蓋をあけると、3つのお部屋に詰められた「のどぐろ・カニ・甘エビ・ガスエビ&金箔」と金沢を代表する食材が目に飛び込んできます。
左から、
脂で煌めくのどぐろ、
たっぷりのカニのほぐし身と見るからにプリッとした棒肉、
そしてそして、のせられた金箔で一層輝いて見える瑞々しいガスエビ&甘エビ!!
金沢らしい上品さ、まるで懐石のよう。
贅沢な昼食を目の前に、食べる前から「絶対においしい!」と気持ちは昂ります。

とは言え、いざ箸をつけるとなると、どれからいただこうか悩ましい・・・。
うーん、まずはつやつやのガスエビ&甘エビから!(写真の一番手前の1本がガスエビです。奥の4本は甘エビ。)まずはガスエビから口に運ぶと・・・

Img_1433

とろける~(。>v<。)
ガスエビと甘エビの違いは写真よりも実物を見ると一目瞭然なのですが、ちょっと茶色く、旨みも甘みもより濃厚。一度食べると味も名前も忘れない、地元では人気の海鮮です♪

Img_1455

ですが、石川県といえば甘エビ。下に敷かれたシソと酢飯と、そして金箔と一緒に頬張るとなんとも上品な味わい(#^.^#)

Img_1440

次にいただいたのはカニ。
ご飯一面がほぐし身で埋めつくされ、その中央に鎮座する棒肉、とにかく贅沢!

Img_1446

ご飯にまでも海の幸の味がしみ込んでいて、食べ応えバッチリ。カニ好きにはたまらないお部屋となっております。

そして最後がこちら、白身の王様「のどぐろ」。

Img_1450

白身魚なのに脂って・・・。のどぐろを初めて食べたときの衝撃を思い出します。
小ぶりながらも、のどぐろとしてはこれくらいの量で充分に舌を満足させてくれる、そんな魚なのです。
下のご飯が醤油ベースの炊き込みご飯なのも、のどぐろの産地、金沢の調製元のなせる業。美味しすぎて箸がとまりませ~ん!

食べるのがもったいなく感じてしまうほど、見た目も味も贅沢な「金澤味づくし」。
加賀百万石の上品な豪華さ、ぜひ目で舌で、味わい尽くしてくださいね!

[石川県 北陸新幹線/金沢駅]
金澤味づくし…1,400円
<実演、初登場、先行販売、柱番号:B-4>

*********

第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会
2018年1/23(火)まで
午前10時~午後8時
<最終日23(火)は午後6時閉場>
●新宿店7階 大催場
≫駅弁大会特設サイトはこちらから

【駅弁大会2018】, 【駅弁大会2018】実食リポート

2018年1月17日 (水)

\駅弁大会 実食リポート!/「潮干狩り弁当」

Blog_03
肉や海鮮が「ザ・主役」の華々しい弁当もいいけれど、その陰に隠れがち、一見、見た目は地味だけどしみじみと旨いつつましやかな駅弁を愛さずにはいられない担当Sです。

そんなスタンスの私が、気がつけばよく選ぶのが「貝」がアクセントになっている駅弁。去年食べた「品川貝づくし」も美味しかったし、2015年に食べた「鮑の炊き込みめし」は入れ物にインパクトがあったなぁ・・・。
 
これまで食べた「貝の弁当」に思いを馳せつつ選んだのが、こちら「潮干狩り弁当」。

Img_9462

掛け紙には千葉県の潮干狩りポイントが書かれております。そういえば幼き頃、千葉県に潮干狩りに行ったことがあったけど、あれはどの海岸だったろうか・・・そんな遠い昔の記憶も探りつつ、いざ実食です。

Img_9471

茶飯の上にたっぷりのっているのは、煮はまぐりと煮あさり。
あさりの出汁で炊き上げられた茶飯は、それだけでも十分美味しくいただけるのに、さらに煮貝と一緒に食べるのですから、美味しくないわけがありません。

Img_9473

3つも入っているハマグリは、噛むごとにジワリと旨さが口の中で広がって、なんともたまらない。うーん、お酒が飲みたくなりますわ。
アサリの方は生姜煮になっており、すっきりとした味わい。

Img_9481
 
この駅弁のすごさは、貝だけじゃないんですね。副菜がそれぞれ、しみじみ美味しいのです。

Img_9477

大きなイカの味噌焼きは、ほどよい歯ごたえを残した逸品ですし、肉団子かな?なんて思ったらイワシ団子だったり、やさしい味わいのひじき煮も入っていて、磯の風味満点。

そこに加えて、蓮根のはさみ揚げなんて手の込んだおかずが入っているし、煮物の高野豆腐も汁をたっぷり含んでいるし、どれもこれも手抜きがまったくないのです!

「食の宝庫」と言われる、千葉の力を見せつけられた思いです。
これだから、素朴なお弁当はやめられない!!
(探し当てたときの喜びはひとしおです。)

[千葉県 総武本線/千葉駅]
潮干狩り弁当…900円
<輸送、初登場、柱番号:A-0>

*********

第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会
2018年1/10(水)→23(火)
午前10時~午後8時
<17(水)は午後5時閉場、最終日23(火)は午後6時閉場>
●新宿店7階 大催場
≫駅弁大会特設サイトはこちらから

【駅弁大会2018】, 【駅弁大会2018】実食リポート

2018年1月16日 (火)

\駅弁大会1週目は明日1/17(水)午後5時まで/

1/10(水)からスタートした駅弁大会も今日で7日目、折り返し地点に来ました。
明日1/17(水)、1週目最終日は一部入れ替えのため午後5時で閉場させていただきます。

1週目限定出店の駅弁&うまいもの、一部を写真でご紹介。

26757104_1190669274396708_3924832_4

≪写真商品詳細(いずれも1/17まで)≫
1.[青森県 東北新幹線/新青森駅]
伯養軒特製 帆立釜めし…1,200円<初登場、実演、A-6>
2.[群馬県/ほたかや]
  上州沼田名物焼まんじゅう(1本)…250円 他<実演、D-6>
3.[秋田県 奥羽本線/大舘駅]
  比内地鶏の鶏めし…1,180円<初登場、実演、B-6>
4.[福島県 東北本線/郡山駅]
  海苔のりべん…950円<実演、B-5>
5.[岩手県/肉のふがね]
  岩手短角牛弁当やわらか煮(1折)…1,480円<実演、C-7>
6.[岩手県 三陸鉄道/久慈駅]
  うに弁当…1,470円<実演、各日500食販売予定、A-3>

その他、明日1/17(水)まで出店の商品は、折込チラシ&駅弁リストでご確認ください(^^)
https://www.keionet.com/info/shinjuku/ekiben2018/download.html
ぜひ、お見逃しなく!

*********

第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会
2018年1/10(水)→23(火)
<17(水)は午後5時閉場、最終日23(火)は午後6時閉場>
≫駅弁大会特設サイトはこちらから
https://www.keionet.com/info/shinjuku/ekiben2018/index.html

【駅弁大会2018】

<前の記事>